AGAは確実に時間の経過とともに

AGAは進行します。だからといって諦める必要はありません。薄くなっても産毛が残っているなら、その髪の毛は太く育てることが出来る可能性があります。AGAは成人男性によく見られる薄毛です。思春期以降に髪の毛の生え際や頭頂部のどちらか、あるいは両方から薄くなっていく症状がみられます。

育毛剤を使う男性

男性ホルモンの影響を受けた薄毛です。何の対策もとらないでいると、どんどん症状は進行していきます。早めに対策をしたほうが効果を得やすいですから、AGAかも、と、思ったら、早めに対策をするとよいです。AGAの治療は専門の病院で受けることができます。病院探しにはインターネットが便利です。評判がよくて通いやすいところを探すことができます。AGA治療の病院探しはここで⇒http://aga-gorilla.com/

病院へ行く以外にも生活を改善することで進行を遅らせることができます。AGAには遺伝の影響もありますが、生活習慣も関係しています。栄養のバランスのよい食事を規則正しく食べることやストレスを溜めないこと、適度な運動をすること、深酒を避けること、禁煙をするなど生活を改善すると良いです。洗髪も髪の毛にとっては大切です。

シャンプーを見直したり、洗髪方法の見直しをすることもAGAの進行を遅くするためには大切です。自分に合ったシャンプーを選んで正しく洗いましょう。頭皮の健康を守るためには清潔にするほうがよいですが、適度に洗わないとかえって皮脂の過剰分泌を招くなどの悪影響があります。皮脂を落としすぎないように正しく洗うようにしましょう。

プロペシアとは、AGA(男性型脱毛症)に効果のある内服薬で、一般名はフィナステリドと言います。フィナステリドはアメリカのメルク社が開発し、世界60カ国以上で認められ、販売されています。日本ではフィナステリドはMGA株式会社が販売するプロペシアとなっています。プロペシアがAGAに効果がある理由は何なのでしょうか。

AGAの、主な原因となる物質はジヒドロテストステロンです。ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくと、成長期の毛髪に退行期、休止期に移行する信号を送ってしまいます。そのせいで、太くなるはずの毛髪は薄くなり、成長をやめてしまって毛が生えてこなくなってしまうのです。

このジヒドロテストステロンは、5α還元酵素によって、一般的な男性ホルモンであるテストステロンから変換されて生成されます。ですので、この5α還元酵素を阻害してしまえば、AGAの進行を抑えられます。その阻害できる成分がプロペシアのフィナステリドなのです。

プロペシアには、性欲減退、勃起不全などの副作用があることが知られています。また、プロペシアは女性や子どもには禁忌とされていますので、絶対に服用してはいけません。特に妊娠中の女性は、奇形の恐れもあります。プロペシアは強い薬ですが、確かな育毛の力があります。プロペシアを飲む時には、医師ときちんと相談し、勝手に量を増やしてしまうなどが決してないように容量や、飲み方を守って服用しましょう。